おすすめ!物忘れの防止法

おすすめ!物忘れの防止法

物忘れがほどくなっているとき、それが加齢か、認知症なのか不安になるでしょう。
その区別は、忘れていることを本人が自覚できるかという点にあります。
もし、自分で何かを忘れたと自覚しているのであれば、それは加齢による物忘れです。
加齢による物忘れであれば、誰もがなりえるものですから、悲観することはありませんが、しっかりと対策をとるべきです。
そこで最適な物忘れの防止法ですが、大事なのは脳を活性化させることです。
例えば、クロスワード雑誌や計算ドリルをやってみることや、料理をすることなどは、物を考えつつ作業の効率化をしようとするので、脳を最大限に使います。
また体を動かす事も必要で、ウォーキングなどをして、一時的にでも血流をよくすれば、脳にも血液がいきわたるので脳の活性化に繋がります。
普段の行動では、食事時はよく注意しておくことです。
年をとると、歯も弱くなってくるので、物を噛むことが少なくなりがちです。
しかし、咀嚼というのは、脳に刺激をもたらす重要な行為で、極めて効果的な物忘れの防止法です。
一回物を口に含むごとに、目安となる咀嚼の回数は30回です。
どれだけ忙しくても、早食いで食べ物を飲み込むことなく回数を数えることが必要です。