うつ病と物忘れの関係

うつ病と物忘れの関係

現代人に増えているうつ病ですが、他人ごとと思っていてもいつ自分が体験することになってもおかしくないと言われます。
今の日本の社会はとても経済が発展してきているわけですが、その分だけ人々は無理な労働に時間を費やしていることが多いです。
そんな生活を余儀なくされて、自身の体にダメージを与えるようになります。
精神的な疲労が積み重なった結果、心の病気として現れるのがうつ病でありいろんな症状を引き起こします。
体が疲れやすい、物事に集中できない、やる気をなくすといった自分の意志ではどうにもならない事態に陥ります。
また、物忘れを頻繁にするようになり、仕事などに支障を与えることもでてくるのですがその原因が自分でもわかっていません。
うつ病と物忘れの関係は、脳の中で起きている変化によって起こると言えます。
うつ病に見舞われるとセロトニンの量が減少し、脳の活性化が今までのようにできなくなります。
つまり、脳内の働きが悪くなりそれまでなかった物忘れを起こすことになるわけです。
日常生活をしていて物忘れが多くなることで信用問題に関わってきますがその解決策として、周りの人にうつ病を深く理解してもらうのがとても大切となってきます。